Page 1

  1. 患者の病歴に組織の検証を含める主な利点は何ですか?
    1. 治療が必要な他の組織はどこかを判断するのに役立つ。
    2. 主な体組織それぞれに関連した一般的な症状の有無が分かる。
    3. アジャストメントが必要な脊椎部位はどこかが決まる。
    4. 患者が経験した他の疾患、手術、事故が何かが分かる。
  1. 脂肪の多い食事を摂取すると、上腹部に鋭い疝痛が生じます。この病状に見られる可能性が最も高い身体的徴候は次のどれですか?
    1. マーフィー徴候
    2. アリス徴候
    3. コッドマン徴候
    4. ジャクソン徴候
  1. 膝蓋骨の側方変位が持続する場合、強化が必要なのは大腿四頭筋のどの部分ですか?
    1. 大腿直筋
    2. 外側広筋
    3. 内側広筋斜頭筋
    4. 中間広筋
  1. 患者の固有感覚をもっとも適切に評価できる検査は、 _____ 検査です。
    1. アダム
    2. スネレン
    3. ゴールドスウェイト
    4. ロンベルク
  1. 胸部痛がある 40 歳の患者がショイエルマン病に罹患している可能性を判断する際に、病歴に関する質問で(「はい」と回答した場合)役立つものは次のどれですか?
    1. 過去 5 年間に発熱を伴う背中痛がありましたか?
    2. 10 代前半に慢性的な中背部痛があり、姿勢が悪かったという記憶がありますか?
    3. 学校時代、過伸展を必要とする活動に参加しましたか?
    4. ご両親のどちらかに背中痛の既往症がありましたか?
次へ 解答